オフィス

専門業者に頼もう

Staff

データ復旧作業とは、故障ハードディスクを修復し、ディスク内に保存されているデータを抜き出すことです。 ハードディスクの特徴として、データの読み書きを高速かつ頻繁に行う箇所であり、故障の多いパーツであることが言えます。また、内部は非常にデリケートな精密機械で、分解修理はクリーンルームなどの設備が必要になります。おそらく、個人で物理的な故障の修理は、不可能と言えます。 世の中にハードディスク故障が、どれぐらいの頻度で発生しているのかと考えたとき、データ復旧だけを専門に扱っている会社が成り立つぐらいと考えてみるのはどうでしょうか。当然ながら一社ではありません。かなりの頻度で発生していることがうかがえます。 日本データテクノロジーもその一つで、日本最大級のデータ復旧センターと復旧実績1位を誇っています。

日本データテクノロジーは、ハードディスクやRAID(レイド)機器などのデータ復旧専門の会社です。 延べ87,000件以上の復旧実績があり、復旧率95.1%の高い技術を持っています。 おそらくこちらの会社でデータ復旧できないときは、データを諦める可能性が非常に高くなると思います。 日本データテクノロジーの評判は、官公庁・公的機関、学校、企業などから支持されており、信頼できる会社であることが言えます。 また、口コミなどの一部で、料金が高いなど不満が見られました。 データ復旧を業者に依頼することは、お金がかかるものと認識しておくことが必要かもしれません。 数万円から数十万円かかると考えておくほうが賢明です。 ちなみに、日本データテクノロジーの料金は、完全成功報酬制なので、失敗のときは0円です。 一言でデータと言っても、プライベートの資料や写真データなどから、数千万円を生み出すデータもあり、また、お金には替えられない価値のあるデータもあります。 費用対効果にデータの重要性を大きく関わっていると言えるでしょう。